フラメンコ舞踊家。国境なきフラメンコを目指し、日々奮闘中。


by gordita0701

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2013年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

異文化交流

ブレイクダンスのヨーロッパチャンピオンのvalenと、わたしとでチームを組んで、凄いものを作って!ってバルセロナのダンスプロジェクトチームみたいなところからプロジェクトのお誘いがきた。
やらんで後悔よりやって後悔だと、そのオファーに乗り、顔合わせ。
鼻ピアスにTATOOとかの若い青年を想像してたら、ちょっと感じが違くて、
お前の名前はなんて言うんだYO!YO!
とか言われるかと思ったら、超腰低い。
そこで、プロの匂いを察知し、二人で動き始めたら、なんと彼はバレエもフラメンコもやったことのある、アーティストだった。やりやすいし、しごいプロ。
異文化って、それぞれが独立してしっかりしたものを持ってれば、お互い寄り添い合うだけでいいものができる。
新鮮過ぎ(笑)
[PR]
by gordita0701 | 2013-03-30 18:36

百閒は一見にしかず

無宗教の私が、
あくなき探究心を引っさげ、
エバンゲリスタのミサを初体験してみた。
エバンゲリスタとは、キリスト教の一種。
ヒターノでエバンゲリスタの人は多い。

私はいつも考えていた。
ヒターノの風習や、カリスマ、芸術性、
同じ人間なのに、
なんでどうして何が違うのか??

それはフラメンコだけでなく、
ルーマニアやいろいろなヨーロッパにちらばっている
ヒターノの芸術性は本当に高い。

それは、フランスのカマルガでの
ヨーロッパジプシー祭りで実際見て思った。

そこにいるだけでものすごいオーラを出す。
同じ人間だけど、ものすごい
言葉で説明できないモノ、をいつも感じていた。

カマロンの映画をみた人は分かるだろうが、
そのエバンゲリスタのミサの一場面がでてくる。
ミサ中にみんなで唄って(ものすごい音量で)
泣いて、笑って60分というか。。。。
全身全力で神と通じる1時間なのだ。

実際
黒人達のゴスペルにものすごく近かった。
NYの教会でゴスペルを見たときと一緒の感覚だった。

そして、その歌といったら、
みんな歌手でないか?と思うくらいすばらしく上手く、
ピアノもドラムも、プロ級。

そして、彼らは私を一人の同じ人間として向かいいれてくれた。

Dios te bendiga
あなたに神のご加護がありますように

あの人たちの強い確信は、何かに守られている自信からくる強さなんだろうか。。

信じるものは救われるのかもしれない。


帰り道、耳なりがすごかった。
あんな大音量は久々だった。

もう行く事はないけど、
沢山の疑問が
実際見たこと、感じたことで
ますます深く考えることになった。

体をはった体験学習はまだまだ続く・・・・・・・
[PR]
by gordita0701 | 2013-03-26 18:07

スペイン版HPリニューアル!

http://kayokonakata.wordpress.com/
[PR]
by gordita0701 | 2013-03-20 21:00

La Tolea

夕御飯までご馳走になり、
色々談議 笑
フラメンコのレジェンダは
いくつになっても
輝いていて
そして、強くて優しい。
この人といると、涙でますわ。
コレオグラフィア(振付)って
言えないのに笑った!
使ったことないんだろうなー。。
f0096526_18304835.jpg

十代だって!体がしなやか~
[PR]
by gordita0701 | 2013-03-13 18:34

最高のコンサート

今、中田的に流行っているのが
レコードでフラメンコを聴く。
これ、やばいくらいにいい。

YOUTUBEなどの
媒体から脱却し
目を閉じて、想像する。
タイムスリップ!!!!
でも
テラスですっごいボリュームで聴くもので、
近所からは苦情(笑)

あと、最近の中田リピート率高しは、
Jesús Méndez

'Añoranza'

2012年のフラメンコディスク大賞を受賞するだけあるよねええ・・・・
このDISCOは、私には、正統派フラメンコだ。
でも、かなりの実力と血統があるからなせる業。
題名もいい

'Añoranza' 
他の言葉で言えば・・・・Echo de menos
懐かしむ・・・って(辞書には書いてあった!!!)
その内容も、
'Añoranza' にぴったり!

あと、M-floも最近はまっています。
しかも、LISAの時代。
かなり昔です。
M-FLOも、'Añoranza' (笑)

家が地下鉄の駅から坂を
ず~っとあがらなくてはいけんので、
音楽のPOWERを借りて

COME AGAIN 
とかを聴きながら一気に上昇!
マイケル・ジャクソンも
坂をあがる時はお勧め!!!!

ジムにいかなくても家に帰るだけで
心拍数あがります~~~!

f0096526_21475921.jpg

[PR]
by gordita0701 | 2013-03-10 21:34

瞑想明け

なんだか、
すがすがしいぞ!

やっとたどり着いた
ずっと自問自答していた答えが見つかったような気がする
やっほ~~~~~~~~~~~~~!

生まれると死ぬは人生の2大イベント!
生まれたときから、誰もが死に向かって生きている。
その間をどう楽しむか、
人生をクリエイトするのは自分次第
楽しむしかないぜえ!
って旦那のルーカスは言う。

何ってスペイン人的考え!
って前は思ってた。

何年かたって、
その言葉の意味がしみじみ
五臓六腑にしみわたる?

一度きりの人生楽しむべ!

f0096526_17414136.jpg

登場人物の指差し人間は、実は私です(笑)
バルセロナ近郊の、CARMEN AMAYA ん家近く。
指差し方向は、内緒(笑)
[PR]
by gordita0701 | 2013-03-07 17:46

宗教学

バルセロナの地下鉄の電車の中で、不景気の影響で百発百中出会うようになった、
お金を下さいと言ってワゴンを回る人達。

たまに同業者とかちあえば、最初に始めた人が権利があるらしく、ちゃんとレスペクトし合ってやっている。
セリフも大体みんな同じ。
「セニョーレセス、セニョーラス
ちょっと迷惑かけるけど、聞いて下さい。わたしには子供が二人いて。。 エトセトラ
こんなことをするのは恥ずかしいが、盗むよりましだ!!よろしく。」

乗客一人一人にせっつく。
結構みんな財布をひらく。

日本では、働かざる者食わざる、
と教わった。

スペインでは、
お金がある人がない人を助ける
全部ではないけど。

そんな風に私は感じる。
今、スペインはいつどうなってもおかしくない、破綻寸前。
なのに、あまり深刻な雰囲気はない。

親のすねかじりは当たり前!
あるひとがお支払い。
助けて、助けられる。

何十年も前の初めてのスペイン留学時、私はいつも不思議だった。
教会の前にいつもすわっっている人に、はじめてのフラメンコの先生マリサは、いつもお金をあげていた。
え!座ってるだけの人に、あなたは汗水流して働いたお金を渡しちゃっていいの???(全額ではないけど)
あの時からの疑問たち、語学、フラメンコ、宗教、オーバーリアクション、ユーロ圏の笑いのセンスなどは、やはり現地で学んだ。
事件は現場でおきているから。
フラメンコに出てくる単語も、宗教に絡んだ物も多いから、????
ばっかりだ。

そしてその後、宗教に関してよく考えるようになった。
信仰する気持ちは、大事かもしれない。
何かを信じることは生きる励みになるし。
ちなみに私は自分の直感を信じてるけど(笑)
だからこういう私なのだね。(爆)

f0096526_19551810.jpg

サンタ・マリア・デル・マル教会の中(バルセロナ)
[PR]
by gordita0701 | 2013-03-05 19:04

ブログパーツ

Kayoko Nakata

カテゴリ

全体
Live schedule
Video
Fotos
未分類

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

ライフログ


The Almeria Coast

お気に入りブログ

♪日々、コレ、ちえぞう♪
ruike's blog
マルツ横丁(みんなのマル...

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
アーティスト

画像一覧