フラメンコ舞踊家。国境なきフラメンコを目指し、日々奮闘中。


by gordita0701

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

罵倒

昨日、自分の持っている夜のクラスに行く途中、
バルセロナのメトロで、
全く知らない、汚いへんな帽子をかぶったおじいさんに
いきなり、もの凄い罵倒を受けた。
内容は、
「中国人はバカだ。お前は中国人だろう、本当にバカだ、中国人は!」
その罵倒は1分以上続いた。

午前中にも、地下鉄で黒人に罵倒を浴びせている小さい孫を連れたスペイン人がいた。

人々は狂っている。

これは教育の問題だろう。
この人たちは、まともな教育を受けなかった人たち。
教育は大事だ。
こんな、自分の種族が一番だと思っている頭の悪い連中が世界旅行をした暁には、
自分を恥じるだろう。

ワゴンの全員が私に注目した。
みんなにじろじろ見られた。
舞台の上で踊るのは全く恥ずかしくないけど、
「理由もない罵倒」を受けている自分は、恥ずかしいという感情が湧いてきた。

私のアンダルシア留学時代は、スペインがヨーロッパのアフリカと呼ばれていた時代で、
人々は世界を知らなかった。
だから、アジア人はすべて中国人とみなし「China チャイニーズ」
という言葉一つで片付けられていた。
でも、時代が変わり、スペインもかなり開け、海外旅行も頻繁にするようになり、
現在は誰もわざわざ東洋人をみかけるたびに「China 」と声をかけなくなった。
中国も半端ない国力をつけ、大成長をとげ、
スペイン人達も、アジアには中国、日本、韓国など、沢山の国がある事を知るようになった。
さすがに、ここ数年この手の罵倒は無かったし、
バルセロナというコスモポリタンでは無いだろうと、油断していたのだ。

以前だったら、「私は日本人だ!」
と切り返していただろう。
ただ、ここで私は中国人ではない、日本人だ、という事を主張することが、一体何になるんだろうか?

わたしはいつも疑問をもっていた。
なぜなら、私には国籍も外見ももうどうでもよいから。
大事なのは、
私はわたしであるという、ゆるぎない魂。

ここには、中国人の友達も、韓国人の友達もいる。
私は、その友達達を尊敬している、年齢も性別も関係なく。

すごい昔、
あるスペイン人にお前はチャイニーズか?って聞かれて、違う、日本人だ、と答えたら、
それはない、あんたの顔はチャイニーズだ、絶対チャイニーズだ、としつこかった。
じゃ、あんたは何人だ?と聞いたら、
「あ〜たりまえ〜エッパニョ〜〜ル(スペイン人)に決まっているだろ!」
と、何を聞くか、こいつは、みたいな顔をされた。
「え?そうなの?モロッコ人かとおもった!絶対モロッコ人!あんたの顔はモロッコ人だよ!」
ッて言ったら、
ものすご〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜く怒って、凄い言葉の攻撃を受けた。
危険行為だった。(まねしないで下さい。)
でも、スペインは800年間のモーロ人の征服時代があり、かなりアラブ系のお顔をしたスペイン人が多い。
その方が私はタイプであるが。笑

人の価値観で、ようするに価値観とは
その人の物差しで判断し、こうだと決めつける、
たちのわるい人たちは無視。

結局、最終的に黙っておれず、地下鉄のへんなおっさんには、
いつもの私の決めフレーズを伝えた。
私はトゥリアネーラだ、と。
私達をガン見していた人々は笑った。
こいつ、キチガイの東洋の魔女(笑)みたいな。
その切り返しは、何?みたいなびっくりした目で私を見てた。
そして、あの瞬間を思い出し、
今になると、ついでに自分の次の舞台宣伝をすれば良かった、失敗した!と後悔している。

ピンチはチャンスだったのだ。






































[PR]
by gordita0701 | 2015-04-11 18:36

ブログパーツ

Kayoko Nakata

カテゴリ

全体
Live schedule
Video
Fotos
未分類

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

ライフログ


The Almeria Coast

お気に入りブログ

♪日々、コレ、ちえぞう♪
ruike's blog
マルツ横丁(みんなのマル...

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
アーティスト

画像一覧