フラメンコ舞踊家。国境なきフラメンコを目指し、日々奮闘中。


by gordita0701

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

宗教学

バルセロナの地下鉄の電車の中で、不景気の影響で百発百中出会うようになった、
お金を下さいと言ってワゴンを回る人達。

たまに同業者とかちあえば、最初に始めた人が権利があるらしく、ちゃんとレスペクトし合ってやっている。
セリフも大体みんな同じ。
「セニョーレセス、セニョーラス
ちょっと迷惑かけるけど、聞いて下さい。わたしには子供が二人いて。。 エトセトラ
こんなことをするのは恥ずかしいが、盗むよりましだ!!よろしく。」

乗客一人一人にせっつく。
結構みんな財布をひらく。

日本では、働かざる者食わざる、
と教わった。

スペインでは、
お金がある人がない人を助ける
全部ではないけど。

そんな風に私は感じる。
今、スペインはいつどうなってもおかしくない、破綻寸前。
なのに、あまり深刻な雰囲気はない。

親のすねかじりは当たり前!
あるひとがお支払い。
助けて、助けられる。

何十年も前の初めてのスペイン留学時、私はいつも不思議だった。
教会の前にいつもすわっっている人に、はじめてのフラメンコの先生マリサは、いつもお金をあげていた。
え!座ってるだけの人に、あなたは汗水流して働いたお金を渡しちゃっていいの???(全額ではないけど)
あの時からの疑問たち、語学、フラメンコ、宗教、オーバーリアクション、ユーロ圏の笑いのセンスなどは、やはり現地で学んだ。
事件は現場でおきているから。
フラメンコに出てくる単語も、宗教に絡んだ物も多いから、????
ばっかりだ。

そしてその後、宗教に関してよく考えるようになった。
信仰する気持ちは、大事かもしれない。
何かを信じることは生きる励みになるし。
ちなみに私は自分の直感を信じてるけど(笑)
だからこういう私なのだね。(爆)

f0096526_19551810.jpg

サンタ・マリア・デル・マル教会の中(バルセロナ)
[PR]
by gordita0701 | 2013-03-05 19:04

ブログパーツ

Kayoko Nakata

カテゴリ

全体
Live schedule
Video
Fotos
未分類

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

ライフログ


The Almeria Coast

お気に入りブログ

♪日々、コレ、ちえぞう♪
ruike's blog
マルツ横丁(みんなのマル...

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
アーティスト

画像一覧