フラメンコ舞踊家。国境なきフラメンコを目指し、日々奮闘中。


by gordita0701

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

蘇民祭に燃えた女たち

おはよう、スペインです。
朝5時には起きてしまう、健康なこの何日間を過ごしています。これを一般では「時差ぼけ」というのかも知れません。

私は、祭りは人間のもっとも生命力を感じる行事だと思います。。それはどこの国でも同じ、ありとあらゆる宗教の延長上にある厳粛な祭り、そうでない狂った祭り、できる限りこの眼で生で見たいと常々思っています。
人々の情熱が燃え上がる瞬間をこの目で見たい!

その中でも、これだけは行かなくてはいけない祭りだと、ずっと昔から憧れていた、「蘇民祭」行って来ました。
タイトル、「裸の男のの祭り」
と、ずっと勘違いしていた私ですが、今回始めて現地に行ってそれが間違いだと知りました。
「裸の男のの祭り」
でした。笑と炎、似すぎ!

蘇民祭参加者は、もちろんカヨコフラメンコ有志で。。。。。(大体こうゆうイベントに来るメンツは決まってきていますが。。。。。)
その中、初出場、なんと70歳代の生徒さんのお母さんも参加!
朝方5時に燃えた私たち。。。。。

正直、どんな笑いの祭りよ~~~!と楽しみにしていたんだけど、頭(かしら)が真っ裸で蘇民袋にナイフを入れた瞬間、実は私はなんか感動のあまり目頭が熱くなったのである。
あんな大勢の前で真っ裸になれる潔さ。
あの人は、本当の頭だと。。。。

私たちも舞台ではある意味真っ裸だけど、(服は着てるが)あの頭(かしら)には頭が上がんないね。
なんか、違うところで感動してしまった。。。

そしてそれを見ていた私たち、その後そのふんどしの男たちの蘇民袋奪い合いに巻き込まれそうになり、命からがら脱出し、この祭りのクライマックスに一応参加し、満足して帰路に着いたのだった。早朝8時半。
そのまま怒涛の4クラス、締めは発表会DVD鑑賞会。さすがの体力自慢の私もお先に失礼させてもらった。。。
でも、蘇民祭を体験できて満足だった。次は、スペインのサン・フェルミン(牛を街に放す祭り)を体験してみたい。相当怖いけど。
f0096526_16492241.jpg

[PR]
by gordita0701 | 2010-03-03 16:58

ブログパーツ

Kayoko Nakata

カテゴリ

全体
Live schedule
Video
Fotos
未分類

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

ライフログ


The Almeria Coast

お気に入りブログ

♪日々、コレ、ちえぞう♪
ruike's blog
マルツ横丁(みんなのマル...

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
アーティスト

画像一覧